『グロキャン』運営事務局ブログ

いま、海外インターンシップが求められている理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

海外インターンシップというものがここ数年で一般的になってきたように思えます。私が住んでいるベトナム・ホーチミン市でもたくさんのインターン生を見るようになりました。マクロで見れば内向きな大学生が増えているのはその通りだと思いますが、逆に世界に挑戦しよういう意欲を持った大学生も多くいます。海外志向の大学生も、そうでない大学生も、是非挑戦してほしいのが海外インターンシップ。その理由を説明します。

世界有数の先進国「日本」

日本車が数多く走るベトナム・ホーチミン市

日本車が数多く走るベトナム・ホーチミン市

日本は世界最高の先進国です。私もベトナムに住むまではそれを信じて疑いませんでしたし、今もベトナムの街を歩いていると「日本」ブランドの強さを感じます。街で走っているタクシーはまだまだトヨタが多く、ベトナム人はバイクのことを「ホンダ」と呼んでいます。ただ、これは諸先輩方の残してくださった功績であり、これからの「日本」の評判はどうなっていくのかと少々の不安を抱えています。

というのも、1945年時点、世界で人口5位の大国だった日本はその後、高度成長を遂げて世界一の経済国家になりました、というのは今の大学生も教科書で習う事実。しかし、日本の人口は減少が始まり、2100年には5000万人前後になるという予測も出ています。2050年のGDP予測によると「先進国」の顔ぶれが今とは大きく変わってくるという話もあります。1985年の映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」ではアメリカ人からの「日本製品」に対する評価が25年で「安かろう悪かろう」から「最高」に変わった様子が描かれていますが、いま「安かろう悪かろう」と呼んでいるものもそうなりつつあります。そんな中で「日本」のブランドが今後どうなっていくのか、諸先輩方が築き上げたこのブランドを我々の世代でより高めて、100年後も世界に名だたる国「日本」であって欲しいと、一日本人として願うのです。そのためには世界で「日本代表」として活躍する日本人が増えることが必要ではないかと思っています。

挑戦体験が自分を変える

大学生や若手社会人と話していると、海外に興味がある人も一定数いることに気づきます。しかし、興味があっても「わからない」から怖くなり、「自信がない」から飛び出さないという意見もありました。失敗を恐れる風潮も相まって、海外で挑戦しない方が増えているように感じます。または、挑戦したくてもどうしたら良いのかわからない、または駐在の機会がなかなか回ってこないという方もいるでしょう。

1960年、ソニー(当時は東京通信工業)がニューヨークに進出した時の話を初めて読んだときに、今の大学生に必要な経験はこれではないか、と感じました。当時は日本製品が「安かろう悪かろう」と言われていた時代。そのストーリーによれば、米国に渡ってからカルチャーショックを受け、様々な失敗があったが、それでも諦めずに続けた結果「世界のソニー」になったという話でした。

そのストーリーを読んで私が驚いたのは、今であれば海外文化研修や駐在員研修等で教えられているような内容も知らないままに渡米していたということでした。当時はそのような情報が本当になかったのだとも思いますが、失敗を恐れずに、果敢に新しい市場に挑戦して、諦めずに続けた結果に成功があったというストーリーは、まさに今の若者に必要な経験ではないかと思っています。とはいえ、今の時代に未経験の若者が駐在員として市場開拓をする機会を得ることは、なかなかに難しいものではないでしょうか。

挑戦の場としての海外インターンシップ

新興国でビジネス体験

新興国でビジネス体験

そのような挑戦の場の一つとして増えているのが海外インターンシップです。ベトナムでも1ヶ月~半年ほどのインターンシップ生を見かけることが増えてきています。通常の業務への従事はもちろんのこと、タイミングが合えば、新規事業立ち上げを任されるなど、素晴らしい経験の場となっていると感じます。

ミッション実践型インターンシップ『グロキャン!』では、1週間という短い期間で数多くの失敗と小さな成功体験を積み重ねられる環境を作っています。日本の常識が通用しないベトナムで行う「海外ビジネス」なので、失敗して当たり前。実際に海外でビジネスを始めると直面するであろう「壁」を段階を追って作っておき、毎日こちらから出題する「ミッション」に思う存分挑戦してもらいます。毎日の活動後にはビジネス講義を行い、学生が各々内省を行うことで経験を伴った学びとして定着するようにしています。

海外インターンシップにはスタディツアーやボランティア、ビジネスコンテストなどのプログラム形式もあれば、通常業務に従事するものなど目的やプログラム内容も様々。その違いは別の記事で詳しく紹介しますが、大学生のうちから異国の地での挑戦を通じてマインドとスキルを身につけ、世界で活躍できるようになっていくのはとても頼もしいことだと思っています。

ミッション実践型インターンシップ『グロキャン!』で挑戦の第一歩を一緒に踏み出しませんか。

関連記事一覧

  1. 新興国で実際にビジネスを取り組んだ経験を持つ者は多くはない
  2. 一日の学びのシェア
  3. ココナッツドリンクを飲みながらチームで作戦会議
  4. グロキャン講師三宅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP