『グロキャン』運営事務局ブログ

代表が『グロキャン!』にかける思い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は、私がなぜ『グロキャン!』をやっているのかをお話します。もちろん、世界のグローバル化に対応していくことがこれから重要になるという事実は間違いなく、その時代に備えるのは絶対に重要なのですが、実はそれだけではなく、「学生時代の私」のような方に参加してほしいという想いを持っています。私の経歴、そして海外で働くようになった経緯を含めて私の思いをご紹介します。

「海外」に全然興味がなかった学生時代

今でこそベトナムに住んでいる私ですが、学生時代は海外に全く興味のない大学生でした。海外旅行も誘われて行くのみで、旅行は日本国内専門。ツーリングが趣味で日本の全都道府県をバイクで走り回ったり、ベンチャー系の団体に所属していたりとそれなりに充実した学生生活でしたが、今のような生活は全くイメージしておりませんでした。

就活でも「大企業」か「ベンチャー」か、とよくある悩みを考えた末に大企業に入社。もともと「楽しく生きる人を増やしたい」という想いがあったので就活支援や勉強会等を行っていました。

初めて「海外」に触れたダナンでのカフェ経営

ダナンの小さなカフェ(2013年閉店)

ダナンの小さなカフェ(2013年閉店)

普通に日本でのサラリーマンを頑張っていた時、友人から突然「ベトナムのダナンでカフェをやろう」というプロジェクトに誘われました。一口5万円の出資金を集めれば、ベトナムではカフェが開ける金額になるのです。やると決めてからは、週末や夜の時間にメンバーと集まってカフェをどうしていくかを議論して、Skypeでベトナム人店長と話をして、少しづつ皆の思いを伝えて、良いカフェを作っていこうとしたものでした。

今思えば、そんな遠隔経営がなかなかうまくいくはずもないのですが、初めての「海外ビジネス」に夢中になり、連休があれば有給を取得してベトナムのダナンに行くようになりました。そこで目にした光景は、皆がとても楽しそうに生きている姿であり、さらに当時は観光地として有名になる前でしたが「ここで普通に仕事も生活もできる」という思いを持ちました。

その後、ベトナムを含む東南アジアのどこかにまずは住んでみよう。海外で仕事を仕事をしてみよう、と決めました。もともと海外はわからないし怖いし、海外で働くなんてイメージしていなかったのに、数回のベトナム渡航で変わったことは自分でも驚きでした。

未経験ながらベトナム拠点立ち上げに奔走

友人に会うたびに「海外で働きたい」という話をしていると、ちょうど海外進出を検討しているという、当時社員5人のベンチャー企業に知り合い、渋谷のルーフトップバーで社長と飲みながら入社を決めました。初めてベトナムに行ってから1年足らずで、ベトナムのホーチミンに引っ越すことが決まりました。

ベトナムで仕事を始めた頃

ベトナムで仕事を始めた頃

6人目の社員として、ベトナムでオフショア開発を行うためにホーチミンに行くことは決まったのですが、実は私はホーチミンは初めて。しかも、海外担当として採用いただいたので、全て自分で決めていかないといけないという環境でした。家の借り方も、オフィスも、人の雇い方もわかりません。まずはバックパッカー街に行き、トップクラスに安い家を1ヶ月契約(1泊7ドル×30日=210ドル!)して、コワーキングスペースを探すなどして、なんとか仕事ができる体制を作りました。その後、友人の会社のベトナム人社員に募集要項を翻訳してもらうなどして、ベトナム人社員の雇用に成功。なんとか2ヶ月後には現地で仕事が回りはじめました。

その後、私が働いていた企業の買収などがあり、海外拠点を閉鎖することとなりましたが、私はベトナムに残ることを決めて新しい事業を始めることにしました。

「もっと早く気づいていれば」という後悔

今、海外インターンシップ等に関わるようになって今持っている思いが「もっと早く気づいていれば」という思いです。偶然友人からベトナムでのカフェプロジェクトに誘われ、ベトナム人と一緒にカフェの経営をして、その後幸運なことに海外拠点を何もないところからの立ち上げを任せてもらえた、という経験がとても大きかったと思っています。

今こうやってベトナムで会社を経営して、毎日とても楽しく仕事をして充実しているのですが、この「海外で働きたい」「海外でも働ける」という気付きがもっと早く、例えば大学生の頃にあったならば、より早く今の姿になったのかと思うと、気づくのが遅かった、と思っています。

『グロキャン!』にかける想い

グロキャン講師三宅ただ一歩外に出て挑戦することで、大きく人生が変わる。そんな経験をしたからこそ、『グロキャン!』を通じて一人でも多くの方に「世界どこでもやっていける人材」への第一歩を踏み出して欲しい。もちろん、海外で働く以外にも沢山の「自分らしい生き方」があり、そんな第一歩になってくれたら嬉しいと思っています。そして、『グロキャン!』は1週間で本当にマインドが変わる要素を詰め込んだプログラムであり、数多くの学生を見てきたからこそ「たった一週間のプログラムでも大きく変わる」と信じて、プログラムを運営しています。

将来海外で働きたい方はもちろん、「それなりに充実しているけどこのままで良いのだろうか」と漠然な不安をいだいている当時の私のような学生の皆様からの挑戦、お待ちしています。

関連記事一覧

  1. 各チームごとにプレゼンテーション!
  2. 新興国で実際にビジネスを取り組んだ経験を持つ者は多くはない
  3. グローバルマインドセットを持って世界の荒波に漕ぎ出そう
  4. 行動開始!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP