『グロキャン』運営事務局ブログ

海外インターンシップが就活に効く3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

就活のために海外インターンに参加する、という話もよく聞きますよね?海外インターンってほんとうに就活に効くの?と疑問を持っている人もいるでしょう。

海外インターンは正しく活用すれば間違いなく就職活動に有利に働きます。その理由は3つあります。

海外インターンが就活に効く理由1:希少性が増す

希少な人材ほど就職活動では採用されやすくなります。広い意味では学歴の高さも希少性ですし、簿記の知識がある、専門的な学問を学んできた、なども希少性です。もちろん、その能力が企業で求められる能力である必要はありますが、その能力を持つも者が少ないときこそ、能力を持つものは有利になります。例えば、外資系企業を受けた就活生の内、一人だけ英語がペラペラだったら?または、一人だけ東大卒だったら?と考えるとわかりやすいと思います。(ただし、学歴や英語力よりもグローバルに活躍するにはもっと重要なものがあると私たちは考えています。)

今、日本企業はグローバルな環境で勝っていくことが求められています。日本だけでなく世界に対して物を売っていかなければなりませんし、外国人社員の採用も増えています。就活するとしたらどんな会社を受けたいか考えてみてください。グローバルと全く関係ない会社はどれくらいあるでしょうか?そして、このグローバル化は今後も更に進んでいきます。

新興国で実際にビジネスを取り組んだ経験を持つ者は多くはない

新興国で実際にビジネスを取り組んだ経験を持つ者は多くはない

そこで、これからの時代は「世界のどこでも物を売っていける力」「外国人と一緒に仕事をしていく力」といった能力が求められるようになります。こういった能力は社会人の方々でも持っている方は少なく、企業ではどうやってこういった力を持つ人を育てようかと研修を行っています。そこで、学生のうちからこういった能力を身に着けていると、どうでしょう。今、「日本から出たくない」という学生の割合は過去最大を記録してます。つまり、「世界で働きたい!」という意欲があるだけで、もう希少人材。

さらに、「新興国等、途上国でも働ける」「実際に海外でビジネス経験がある」等があるとどうでしょう。周りを見渡してみても、ほとんどいないのではないでしょうか。

海外インターンが就活に効く理由2:能力が身につき、マインドが変わる

2つ目の理由は海外インターンにより成長するということ。海外インターンシップの種類などにより成長の内容や度合いは様々ありますが、ミッション実践型インターンシップ『グロキャン!』では、下に挙げる7+7の力が身につくようになっています。

『グロキャン!』で身につく7+7の力

『グロキャン!』で身につく7+7の力

ビジネス基礎スキルとグローバルマインドセットの2つこそがグローバルで活躍できる人材に必要不可欠な能力だと考えています。もちろん、それ以外に英語力や専門性があったほうがベターなのは言うまでもありませんが、絶対に必要なのがこの2つです。

「ビジネス基礎スキル」というのは、文字通りビジネスの基礎となる知識、スキル、考え方であり、新人研修~5年目研修等、就職後も研修として教わることが多い能力です。これらは「知っている」と「できる」のギャップが大きいスキルであり、できるようになるためには何度も何度も繰り返して実践行くしかありません。これらの考え方を教え、使い方を皆で考えて、海外というアウェイの地でトライ&エラーを繰り返していくことで自分ならではのスキルの使い方に気付いてもらいます。

「グローバルマインドセット」というのはひとことで言えば考え方。考え方は今までの生活・経験により形作られるものであり「教える」ということがなかなかできません。本人が本気で「こうなりたい」と強い思いをもって、行動を始めて、そこで初めて「なりたい」マインドに近づいていくものです。人間は誰しも「やりたい」又は「やらなくてはならない」のどちらかがなければ、行動しません。「やりたい」のちからのほうが強いことは皆さんも実体験を持ってご存知だと思います。例えば、テスト勉強と部活動、テレビゲーム、本当に情熱を持って取り組んでいた活動は「やりたい」ものではないでしょうか。海外という地で「やりたい」と思う課題を与え、「やらなくてはならない」環境をご用意しています。色々と自分ができるようになっていくことで「やりたい」という気持ちは間違いなく増えていきます。

そして、【「ビジネス基礎スキル」を知り、少し使えるようになり、「グローバルマインドセット」を持って本気で仕事に取り組める人】になったあなたはグローバルに活躍できる人材への第一歩を踏み出しています。

理由3:情熱を持って語れる経験ができる

就職活動では「学生時代頑張ったこと」を聞かれると思います。この質問にはもちろん意図があり、その意図に沿った回答をすることも重要なのですが、大学生からの相談を受けていると同じような内容が多くて逆に驚きます。

  • アルバイトのリーダーで・・・・
  • サークルの活動が・・・
  • 学生団体で・・・
  • 海外ボランティアで・・・
  • 学業を・・・

このような話が多いのです。もちろん、これらの話が全てダメというわけではなく、本当に素晴らしい活動をしている学生もたくさんいます。ただ、就活の場で面接官が求めているのはビジネスができるかどうかというところなのです。そこで必要な要素が「相手に価値を提供し、貢献した経験があるかどうか」ということ。

さらには「再現性があるか」(つまり、まぐれじゃないかどうか)も求められます。そのためには、自分の強みや弱みをしっかりと把握した上で、チームワークを行う上でどういった役割を担い、どのように取り組み、自分の強みを活かしてチームに対して貢献し、そして成果をだせるかどうかが話せるとさらにベター。そして、その頑張りの方向性が、その企業で活躍するために必要な能力を身につけるため、だとさらに最高です。

海外インターンはビジネスなので「貢献」が求められます。貢献はそう簡単にできるものではありません。しかも、自分たちの常識が通用しないアウェイの地である海外ではなおさらのこと。そんな環境で本気を出して試行錯誤した経験は自分自身の理解にも繋がりますし、普通にやってもうまくいかない環境なのでまぐれもあまりありません。何度も何度も失敗して、やっとできた小さな成功、それが面接官にはとても響くエピソードになり、その体験について食いつくように聞いてくるかもしれません。あなたも本気で取り組んだ体験なので、自らの言葉でその頑張りについて色々と話ができるはずです。

もちろん、これからグローバルな環境で利益を出していかなければいけない大多数の企業にとって、「世界で活躍する人になるための頑張り」は内容としての評価も良いでしょう。実際に『グロキャン!』の体験を話すことで内定を獲得した学生も毎年います。

更に具体的な就活への活かし方が知りたい方は、是非一度説明会かLINEでお話しましょう。もちろん、プログラム参加後も色々と相談してもらえればその体験ならではの活かし方を一緒に考えます。

関連記事一覧

  1. プログラムの比較
  2. グロキャン講師三宅
  3. ココナッツドリンクを飲みながらチームで作戦会議
  4. 行動開始!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP