『グロキャン』運営事務局ブログ

【4日目】『グロキャン!』プログラムの裏側で講師が考えていること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事は【『グロキャン!』プログラムの裏側で講師が考えていること~プログラム3日目~】の続きです。この記事では『グロキャン!』運営側の視点よりプログラムを紹介していきます。実際のプログラム中に講師が何を考え、そして参加者がどう変わっていくのかをお伝えしていきます。プログラムの様子を感じてみてください。

いよいよ、4日目!

今日のミッションもベトナムで起業した起業家の元で働いている、新進気鋭の社長の右腕の方に出してもらうことにしました。

いつもの(4日目ともなればもはやそこはホームになります)研修会場にあつまります。そして、今日の課題の発表。

流れはずっと変わらないのですが、出される課題は毎日全く違うものとなっていて、昨日の学びをどう新しい課題に生かしていくかが問われます。

これは試行錯誤を繰り返して、少しづつ体で覚えていくことで、本当の学びが定着するので、各チームは大変だとは思いますが正念場。

ベトナムというフィールドで、自由に動き回ることや、現地の方に声をかけることにもう躊躇はありません。アウェイの地でも持てる力を発揮できるようになっています。あとは、ビジネスの能力とマインドをさらに強化していくのみ。ベトナムという市場に対してビジネスを行う、という、ビジネス面に踏み込んでいってほしいです。

仮説を作って、街でインタビューなどを行い、プランを作っては改善していくというループをどんどん進めていきます。
4日目活動中の様子

4日目ともなると行動が全く変わってくる

今日は、1チームがミッション達成!!となりました。

発表の様子を見ていても、プレゼンテーションの力はもちろん、提案の目的や背景がしっかり入っており、実地調査に裏付けされているのでベトナムの起業家からも「参考になることもあった」「実際に採用したい提案だった」という意見も出てきました。

ベトナムに来てたった5日で、何年もビジネス行っている人に提案できることなんてなにもない、そう思うかもしれません。

しかし、4日間かけて培ったベトナムの知識と人脈と行動力を武器にしたプレゼンテーションは完璧でもかっこよくもないかもしれませんが、実際のビジネスにも通用する内容があったのではないでしょうか。

そして、これは5日前にベトナムに降り立ったときとは知識もマインドも大きく変わってきたからこそできる結果なのです。

『グロキャン!』はグローバルビジネスに必要な「ビジネス基礎能力」と「グローバスビジネスマインド」を強化しながら、自らのキャリアについても深く考える機会とすることで将来大きく活躍する人を輩出したいという想いで運営していますが、まさにその理想に近づいていっている、プログラムの日々を重ねるごとにそう実感します。

 

関連記事一覧

  1. プログラムの比較
  2. グローバルマインドセットを持って世界の荒波に漕ぎ出そう
  3. 世界各国・地域の経済成長率
  4. 一日の学びのシェア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP