『グロキャン』運営事務局ブログ

『グロキャン!』プログラムの裏側で講師が考えていること~プログラム3日目~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事は【『グロキャン!』プログラムの裏側で講師が考えていること~プログラム2日目~】の続きです。この記事では『グロキャン!』運営側の視点よりプログラムを紹介していきます。実際のプログラム中に講師が何を考え、そして参加者がどう変わっていくのかをお伝えしていきます。プログラムの様子を感じてみてください。

プログラム3日目開始!

今日の課題はベトナムで起業した日本人から出してもらうことになっています。

集合時刻になったらチームごとにタクシーに乗り込んで、指定された住所へ向かいます。私は、その住所に先回りして皆さんの到着を待ちます。

 

タクシーに遠回りされるというトラブルがあったようですが、自分たちの力でなんとか解決して皆が揃いました。ベトナムのタクシーはトラブルは少ないのですが、たまにちょっと遠回りする人や、道を知らないドライバーがいます。こうやって自ら解決できるようになっているのは嬉しいですね。

まずは皆に出してもらった日報にフィードバックをしていきます。そして、いよいよ今日取り組むミッション(課題)の発表。

日報の振り返りと今日のミッションの発表

日報の振り返りと今日のミッションの発表

今日のミッションはベトナム人向けに事業を展開している起業家に向けて新規事業を提案するというもの。

この会社では新規事業をどんどん立ち上げて試行錯誤しており、「そのアイデアは採用」というプレゼンができればミッション成功です。

質疑応答の時間が実はとっても大事。ミッションの出し手が求めていることや嗜好を知らずに色々と提案しても、響くことはなかなかありません。テスト範囲を知らずにテスト勉強するようなものです。もっと言えば、国語だと思いこんで頑張って勉強してきたら、テストは数学だった、くらいの違いがあるかもしれません。

とっても大事な質疑応答の時間

とっても大事な質疑応答の時間

なのでこの質疑応答ではどんどん聞いてもらいたいなと思っています。ミッションを出してくれている会社の目的も、研修のためにミッションを出すのではなく、本当にいいアイデアがあったら本気で事業に活かそうとしてくれています。なので、情報を隠す意味は無いのです。

質問が終われば行動開始。

ベトナム人のニーズを知り、起業家の求めるものを知り、そしてしっかりと利益のでる、そんな新規事業案は出てくるのでしょうか。

3日目行動中!

今日は起業家のオフィスでミッションを頂いたので、質疑応答の終了とともに部屋を出ることになっています。

今日のミッションを持って、今日一日のスケジュールを話し合いながら近くのカフェを探します。

ミッションをもって街を歩きます

ミッションをもって街を歩きます

今日の行動はチームごとに様々ですが、

  • 一日の計画を立てる
  • インターネットを使って下調べをする
  • 現地でアンケート調査などの実地調査を行う
  • カフェなどでプレゼン資料をまとめる

という点はどのチームも共通だったのではないでしょうか。

ココナッツドリンクを飲みながらチームで作戦会議

ココナッツドリンクを飲みながらチームで作戦会議

ココナッツドリンクを飲みながら作戦会議をしていたチームもあったそうです。

せっかくベトナムに来ているので、ベトナムらしい飲み物や食べ物も楽しんでほしいですね。

美味しいものを頂いて、しっかり成果が出るのが最高だと思っています。

3日目発表!

いつものように集合時間の前に部屋に入り、画面などの動作確認をしてエアコンをつけてみなさんを待ちます。

集合時間前にしっかりと全チーム集まってきました。

今日一日がどんな日だったのかを皆に聞きたいところですが、まずは早速ミッションの出し手の起業家に向けて、各チームプレゼンを行います。

新規事業の提案!通るか!?

新規事業の提案!通るか!?

結果は、1チームのみ採用でした。

ちょうど起業家の方の興味とも合致し、事業内容の修正は必要かもしれないが是非取り組んでみたいという言葉をいただきました。

海外での新規事業の提案など誰もしたことがない初めてのものでしたが、採用されたチームはものすごい自信になったと思います。

他のチームも「全然ダメ」というわけではなく、その調査結果などについては起業家の方も興味を示す場面がありました。

何より、ベトナムに来てまだ4日目なのに、今日知り合ったばかりの会社に対して新規事業を提案するというとても難しい課題をしっかりと自分たちで考えて行動してまとめてきたという事実が素晴らしいと思います。

 

振り返りでは良かったことも改善できることも、今まで以上にたくさん出てきました。

とっても濃い一日を過ごし、とってもたくさんの経験をしたことが伝わってきます。

その経験を忘れないよう、大きな学びに繋げるよう、皆から出てくる言葉を紡ぐようにフィードバックセッションを行います。

夕食に誘ってもらいました!

プログラム後、参加者から夕食に誘ってもらいました!

初日や2日目はチームの結束を強めてほしいという思いがあり、また、4日目は最終日の準備で忙しいチームが多いことから、3日目に誘ってもらえたのはとても嬉しく、皆と懇親を深めてきました。

そろそろベトナム料理以外も食べてみたい、という話だったので、ちょうど近くにあったベルギー料理へ。

研修会場近くのベルギー料理で乾杯

研修会場近くのベルギー料理で乾杯

プログラムの内容についてはあまり語らずに、皆の日常やこれからの話しをたくさん聞かせてもらいました。

1週間というプログラムの中ではそれぞれの想いをあまり聞くことはできないのですが、こういった機会で話ができると本当に嬉しいです。

実はそういった思いはプログラム後や、プログラム前の面談で聞くことが多く、それもどんどん新しいものに変わっていくので、プログラム卒業生との再会も楽しみなのです。

プログラム3日目の日報の一部を紹介

プログラム中は毎日日報を書いてもらうことになっています。その日報を踏まえて、どんなメッセージを伝えていくかを毎日考えているのですが、その日報の一つ一つから皆の頑張りがとても伝わってくるのです。そんな日報の内容のうち、「今日の行動で改善できること」から抜粋して、紹介します。

  • そもそも提案先について調査するという考えが抜けていた。
  • 伝えたい点を説明する部分に時間を充てることができなかった
  • 相手に採用してもらうという本来の目的を見失っていた
  • PDCAという観点でチェック・修正は行ってはいたが、上手く結果に活かされていない
  • ベトナム人への実地調査不足
  • 「経営者がどんな人物/どのような考えを持った人」で「経営者は何をビジョンに掲げ、そのためにどんなビジネスをしているのか」これら2点は必ずおさえておくべきだった。
  • 何を一番伝えたいかが発表で明確になっていなかった

ビジネス書に書かれている内容と言ってしまえばそれまでなのですが、これらの気づきを自らの経験から自らの言葉でだしてくれたことにものすごく価値があり、明日は同じ過ちを繰り返さないように心がけて行動することでしょう。そして、それを続けていくことで、自然になっていくことでしょう。

もちろん、それと同じくらいの今日の良かったこと、そして明日から取り組むことも日報には書かれていました。

初日から考えると、たった3日ですが皆さんの行動がものすごく大きく変わってきています。明日のミッションも、楽しみです。

関連記事一覧

  1. 新興国で実際にビジネスを取り組んだ経験を持つ者は多くはない
  2. 各チームごとにプレゼンテーション!
  3. グローバルマインドセットを持って世界の荒波に漕ぎ出そう
  4. カンボジアの山奥の商店
  5. 一日の学びのシェア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP