『グロキャン』運営事務局ブログ

『グロキャン!』プログラムの裏側で講師が考えていること~プログラム1日目(後半)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

この記事は【『グロキャン!』プログラムの裏側で講師が考えていること~プログラム1日目(前半)~】の続きです。この記事では『グロキャン!』運営側の視点よりプログラムを紹介していきます。実際のプログラム中に講師が何を考え、そして参加者がどう変わっていくのかをお伝えしていきます。プログラムの様子を感じてみてください。

初日の課題に取り組みます

行動開始!と言われた後の活動については、後で皆さんに聞くのですが、ほんとうに人ぞれぞれ。

カフェで課題達成のための調べ物

カフェで課題達成のための調べ物

今日の課題をどうやって取り組んでいくかと、カフェに入って調べ物をする人もいました。ベトナムのカフェではだいたいどこでもWIFIが使えるので、持ってきたスマートフォンがそのまま使えます。

現地の人に声をかけて聞き込み

現地の人に声をかけて聞き込み

現地の人に声をかけて聞き込みを行う人もいました。

実はこのプログラムで出されるミッションはどれも現地の声が重要となる課題になっているので、こうやって聞き込みを行う人がミッション達成につながる事が多いと感じています。

集合時間前に会場入りして、皆さんの到着を待ちます。どんな成果が出てくるのか、いつもワクワクします。

1日目、課題発表!

集合して、早速課題発表です。

講師としては一日をどう過ごしてきて、何を考えたのかがものすごく気になるのですが、まずは成果発表をしてもらいます。

1日目は個人で取り組んでもらう課題になっているので、発表も各個人ごとに行います。

皆が見ている前での発表になるので緊張しますが、皆取り組んだことのないベトナムでの課題はスタートラインが同じなので、どういう発表をしているのかは皆気になるはず。

(発表の様子は参加した人のお楽しみ!)

そして、結果発表!

このプログラムでは「合格!」と「不合格!」で明確に結果を発表していきます。なぜなら、ビジネスという視点を持ってほしいから。ビジネスでは「買ってもらえる」か「買ってもらえない」か。または、「採用される」か「採用されない」か、というのが結果です。このプログラムでも、そのような視点を持っていってほしいため、はっきりと合格と不合格を発表します。

合格者のほうが少ないという厳しい結果はビジネスと同じ。

合格した人は嬉しい、不合格の人は悔しいはず。その評価の理由を全体で共有した後に、体験を経験・学びに変えるために重要なフィードバックセッションが始まります。

一日の行動の振り返りと、本日の学び

フィードバックの前に、今日一日何を考えて、どう行動したのかを共有してもらいます。

カフェでこもって調べた人、手当たり次第に現地の人に聞き込みをした人、方法も行き先も様々なのが面白いところ。参加者の皆さんも同じ課題に取り組んだのにこんなにも違うのかと感じてもらえるはずです。

そして、今日の活動の振り返り。

今日一日を振り返って自分の行動がどうだったのかをまずは各自しっかりと考えてもらい、そこから得た学びをチームメンバー全員で共有していきます。

今日一日を真剣に振り返ります

今日一日を真剣に振り返ります

一人ひとりがしっかり考える時間をとって、ワークシートに書き込んでいきます。

体験したことをしっかりと振り返るという経験はなかなかしていないことも多いかと思いますが、やりっぱなしにせずにしっかりと振り返ることで、自分が行った挑戦が経験として残るのです。

そして、その学びを皆でシェアしていきます。

一日の学びのシェア

一日の学びのシェア

同じ課題に取り組んだ仲間と、それぞれの学びをシェアしていきます。取り組み方は人それぞれなので、学びも人それぞれ違ったものもあれば、同じ学びを得るものもあることでしょう。

グループごとにディスカッションしてもらった後に、皆の前で共有。

今日の学びの発表中

今日の学びの発表中

ただ、同じように何も経験のないところから海外でのビジネスに繋がる課題に取り組んだということで、誰かの学びは他の方にも学びとして次に生かせると思っています。

そして、全員の学びを全体で共有した上で、ホワイトボードに全て書き出して、フィードバックをしていきます。

そこで出た「今日の学び」の一部を紹介すると、、、

  • やればできる、なんとかなる
  • 目的を考えて行動する
  • 計画を立ててから始める
  • タイムマネジメントが重要
  • 行動しないと始まらない
  • 積極的に行動すると良い
  • 言語を超えて話すことが大事

などなど。

そのどの学びも、実体験をもとに下見のある学びなので、誰かに言われたり本で読んだりすることよりもものすごく強く残り、本当に明日の行動が変わっていくことでしょう。

最後に日報の説明をして、1日目終了!

美味しいフォーを皆で食べに行くそうなので、オススメを伝えました。プログラムにしっかり取り組んでもらうのももちろんですが、せっかくベトナムに来たのでベトナムを全力で楽しんでいって欲しいですね。どんな日報が来るのか、とても楽しみです。

プログラム1日目の日報の一部を紹介

プログラム中は毎日日報を書いてもらうことになっています。その日報を踏まえて、どんなメッセージを伝えていくかを毎日考えているのですが、その日報の一つ一つから皆の頑張りがとても伝わってくるのです。そんな日報の内容のうち、「明日から心がけること」から抜粋して、紹介します。

  • 積極的にベトナム人と会話ができた
  • 行動計画をしっかり立て、PDCAをもっと意識する。
  • Why→How→Whatの順番を常に意識する
  • 今日覚えたベトナム語を少しでも使う。
  • 目標は自分の今の限界を越えるくらいに高く設定する。
  • ベトナムに来た理由が何かを再確認した上で、明日は自分の行動を決定する際には必ずこの目的が何かを常に意識する。
  • 思うようにできず、悔しかったので、有効的な時間の使い方をしたい。
  • 時間を有効活用し、与えられたミッションの目的をしっかりと考えてから行動する
  • タイムマネジメントをして完了までの過程をイメージする

などなど、様々な学びを経た上ででてきた自分ならではの学びが伝わってきます。

翌日のミッションでは、一気に行動レベルが変わっていました。

続き:『グロキャン!』プログラムの裏側で講師が考えていること~プログラム2日目~

関連記事一覧

  1. 世界各国・地域の経済成長率
  2. 行動開始!!
  3. グロキャン講師三宅

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP