『グロキャン』運営事務局ブログ

いろいろある海外インターンシップや留学の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

最近は海外インターン、留学、ボランティア、ビジネスプランコンテストなど様々なプログラムがあります。もちろんどれも素晴らしい活動であることは間違いないのですが、それぞれの目的や背景をしっかり知った上で自分にあったプログラムを選択することが大事です。同じような名前でも目的がぜんぜん違うものもありますので、よく確認するようにしましょう。

それぞれのプログラムの違い一覧

まず、ざっくりと各プログラムの違いについて紹介します。

プログラムの比較

より細かく表にすると以下のようになるでしょう。

種類 目的 内容 コスト 効果
大企業のインターン 選考 ワークショップ 会社説明 1日 無料 会社の理解が深まる。選考に進める可能性がある。
ベンチャー企業のインターン 選考・労働力 新規事業提案 実際の業務の体験 数日程度~数ヶ月
無料または有給
会社の理解が深まる。そのまま内定する可能性がある
ビジネスコンテスト 優秀な学生を発掘 新規事業提案 数日~1週間
無料
仲間ができる。選考に進める可能性がある。
アルバイト 労働力 決められた仕事をこなす 有給 ビジネス力がつく。
海外長期インターン 職業体験・労働力 実際の業務の体験 3ヶ月~1年
無給
視野が広がる。海外での業務経験。
ボランティア・スタディーツアー 課題の理解 インプット及び交流中心 1週間~1ヶ月 10万円~30万円+生活費 視野が広がる。海外特有の課題の理解が深まる。
海外短期インターンプログラム 海外体験/スポンサーや現地への貢献/受講生の成長 ビジネス体験/現地人との交流・フィールドワーク 1週間~1ヶ月 10万円~30万円+生活費 視野が広がる。海外での業務経験。仲間ができる。
『グロキャン!』 受講生の成長 成果を求められる海外事業の「実践」 1週間 12万円+生活費

世界のどこでも活躍できる7+7の力。仲間ができる。

ざっくりと分けてしまうとこのような違いがあります。

インターンシップと留学、スタディツアーの違いって?

私達は全く違うものだと考えています。なにが違うのかというと、それは「アウトプット」か「インプット」なのかの違いです。大学の講義はもちろんインプットであり、留学もスタディツアーも基本的にはインプットだと考えています。そしてインプットの目的は「知識・スキルを得ること」です。

それに対して、インターンシップはアウトプットの場所です。本来インターンシップという言葉は「就業体験」という意味であり、体験だとしても就業(ビジネス)なので成果を出すことが求められます。ビジネス上の成果は相手に価値を提供し、その対価として金銭をもらうこと。もちろん質の高いアウトプットのためにはインプットも必要になるので、インターンシップ期間内は自ら学んでいくことも求められます。

社会人になってから求められるのももちろんアウトプット。今までのインプットを元に、自ら主体的に学びながら成果を出すことが求められます。その体験ができるのがインターンシップだと考えており、就活で求められるのもまさにこの力だと考えています。

海外インターンの長期と短期の違いって?

海外インターンの長期と短期、これも大きく違うものになります。1週間~1ヶ月のものが短期インターン、1ヶ月以上のものが長期インターンと分類されます。

長期インターンシップでは、目的は就業体験であり、その目的は、会社の一員となって実際にビジネス上の利益を追い求めることです。もちろんOJTとして業務については教えてもらえますが、会社の一員としてもアウトプットが求められており、決してあなたの成長を第一に考えられている環境ではありません。自ら自信の課題を見つけ、成長していける方には最高の環境です。しかし、アウトプットの質によっては任せられる業務が簡単なものになり、結果的に単純作業ばかりになってしまうこともあります。また、実際の業務で結果を出すという性質上、3ヶ月以上はないと効果は少ないでしょう。

短期インターンシップは何らかのプログラムに沿った物が多いです。私たちのミッション実践型インターンシップ『グロキャン!』もインターンシップという名前ではありますが企業研修の経験をベースとした「研修プログラム」です。私たちは研修会社として参加者皆様の成長に対して本気でコミットして運営しています。もちろん、インターンシップなのでリアルなビジネスという要素は絶対に外せないのですが、目的はビジネス上の利益ではなく受講生の成長なので、失敗も歓迎します。

実際に海外で生活して、成果を出していけるかどうかが不安だ。という方はまず短期インターンシップに参加して、海外で生活する力・マインドを身につけてから長期インターンシップに参加してみるのも良いでしょう。『グロキャン!』卒業生にもプログラム終了後に海外ビジネスにより取り組みたくなり、休学しての長期インターンシップを経験した後に志望企業に内定した方もいます。「海外でビジネスをする」ことに慣れて、それが楽しいと思うようになる。そんな、世界で活躍する人材になる、第一歩を踏み出すには最適です。

関連記事一覧

  1. カンボジアの山奥の商店
  2. ココナッツドリンクを飲みながらチームで作戦会議
  3. 各チームごとにプレゼンテーション!
  4. 新興国で実際にビジネスを取り組んだ経験を持つ者は多くはない
  5. 新興国でビジネス体験

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP