『グロキャン』運営事務局ブログ

ルールが変わる今こそ大逆転のチャンス!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

今回は「ルールの変わり目が大逆転のチャンス」という話をしたいと思います。

いま、皆さんはルールの変わり目に立っています。ですので、絶好の大逆転のチャンスにいるのです。逆に、いつ他人に逆転されてもおかしくはない、そんなところにいるのです。

「ピンチはチャンス」とはよく言ったものですが、どういうことでしょうか?

大学生が直面しているルールの変更とは?

大学生、それは、ルールの変わり目の4年間。

今までのルールは、簡単に言えばこのようなものでした。

  • 「100点」が存在する、正解のある問題で評価される
  • カンニング禁止で、自分一人の力で行う
  • 詳しい人(≒先生)に評価される

小学校のテストから始まったこのルールで基本的には評価され、選別されてきたと思います。大学生の「単位」も基本的には同じ評価基準で評価されているでしょう。「ゼミ」や「論文」では一部新しいルールで評価されることもあるかもしれません。

それに対して、新しいルールはこのようなものです。

  • 正解や満点が存在しない
  • ググっても、人に頼っても成果を出せばOK
  • 詳しくない人(≒市場)に評価される可能性がある

社会に出て、働きはじめるとこのようなルールで高い評価をもらうことが大事になってきます。新商品開発、マーケティング、営業、、、思い浮かべてみてください、このルールのはずです。

そういった意味で、大学生は皆ルールの変更点に立っているのだと、考えています。

普通のタイミングでは逆転は難しい

同じルールの中にいると逆転が難しい、という事実があります。「ルールの変更」がわかりにくいとすると「ゲーム(競技)の変更」と考えてみてください。

今まで小学校からずっとサッカーをしてきたAくんと、大学生からサッカーを始めたBくんがいたとして、今後10年、20年とずっと2人ともサッカーを頑張っていたとして、BくんはなかなかAくんよりうまくなることは難しいでしょう。

小学校、中学校の頃に成績の良かった人は偏差値の高い高校、大学に行き、そうではない人はなかなか逆転ができない。大学生まではそんな世界だったはずです。

ちなみに、社会人になっても、新卒1年目で目立った成果を上げた人がその後出世する傾向にあるようです。

ルールチェンジは逆転の大チャンス

でも、これからは全く新しいルールで評価されるようになります。新しいルールで成果を出せる人を企業は求めています。

そして、それは、今までのルールとは違うので、今までの物差し、つまり偏差値や学歴、成績だけでは計れません。

逆にいうと、今までの基準で「良い」とされていた人も、いつまで良い評価でいられるかわかりません。

そんなルールチェンジだからこそ、新しいルールでも成果を出せるように、今のうちに一歩ライバルよりも進んでおくことをおすすめします。今のうちに新しいルールに慣れておいて、その後、そのルールの中で戦うとしたら?

さっきのAくんとBくんの話を思い出してみてください。もし2人が同じ能力なら、先に始めたAくんとBくんの差が縮まることはなかなかありません。そういった有利な環境で、キャリアを始めることで志望企業に入社するだけではなく、就職後も本当に自分がやりたいことを実現できるようになると思っています。

就活を始めとしてたくさんの挑戦を前に憂鬱になっている方も多いとは思いますが、ルールの変わり目をうまく活かせばチャンスになります。是非、そのチャンスを掴み取れるように、一歩踏み出してみることをおすすめします。

関連記事一覧

  1. 新興国でビジネス体験
  2. グロキャン講師三宅
  3. 一日の学びのシェア
  4. グローバルマインドセットを持って世界の荒波に漕ぎ出そう
  5. 各チームごとにプレゼンテーション!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP